薬でも治療できる尿漏れ【早期治療で負担なく完治させられる】

昔の病気ではありません

ナース

病気の症状とは

梅毒は昔の病気だと考える人も少なくありませんが、ここ最近かかってしまう人が急増しているとニュースでも話題となっていることがあります。梅毒とは性感染症の1つであり、性的な接触によってうつってしまう病気です。オーラルセックスや性行為によって感染することもあれば、キスするだけでもうつってしまうことがあり、進行度合いによっては血液内にまで感染することもあるといわれています。感染したらどのような症状が現れるのかといいますと、1期では初期硬結が起こり、性器や子宮頚部などに発症するといわれています。2期となれば、発疹、頭痛、髄膜炎、腎炎や全身がだるく感じるなど、体に感じる症状が現れてきます。そして3期になれば、心臓や血管、脳、手足などの感覚に障害が出てくる可能性があるといわれています。

治療できる病気です

男性は1期で気づくことがある場合が多いといわれていますが、女性は1期ではなかなか気づかない場合が多々あり、梅毒の症状が進んでしまっていることがあるといわれています。しかし最近の医療技術は進化していることもあり、3期まで進行してしまう人は少なくなっているといわれています。2期の症状を感じた場合はすぐさま病院で診てもらい、治療に専念することが重要です。梅毒にかかってしまえばどのような治療を行っていくのかといいますと、主に抗生物質を使用した薬物治療です。昔は梅毒でなくなってしまうというケースがありましたが、現在では梅毒で命を失うケースはほとんどなく、医師のいうことを聞いて治療を行うことができれば治すことができるようになっているので、必ず病院で診てもらうことが大事です。